2020/05/28(木)選手

【戦評】栗原選手、バレ砲が連続アーチ!

5月28日(木)紅白戦第3戦 PayPayドーム

紅組 0 0 0 0 0 0 0 0
白組 0 2 3 1 0 0 1 7

※特別ルール

投手リレー

(紅)石川、バンデンハーク、スチュワートJr.
(白)二保、森、モイネロ、高橋礼

本塁打

(白)栗原、バレンティン、九鬼

スタメン

(紅)8周東 6今宮 9谷川原 5松田宣 7長谷川 2甲斐 4三森 3西田 D髙谷
(白)8上林 4川島 2栗原 7バレンティン 3内川 6牧原 5リチャード 9柳町 D九鬼

戦評

白組打線が活発だった。二回2死一、三塁から9番・九鬼隆平選手の走者一掃の右中間二塁打(三塁へ走りタッチアウト)で2点を先制。三回はフォアボールで出塁した川島慶三選手を一塁に置いて、3番・栗原陵矢選手が右越え2ラン本塁打を放つと、4番・バレンティン選手も左越えソロで続いた。

さらに四回には九鬼選手がバンデンハーク投手の151キロ直球をライトの「福岡トヨタ ホームランテラス」にソロ本塁打を運んだ。七回の得点は川島選手のタイムリーだった。また、上林誠知選手が4打数3安打の活躍だった。

白組投手陣は完封リレー。先発の二保旭投手は3回で1安打2四球を許すも無失点と好投した。さらに森唯斗投手とモイネロ投手が1回零封し、4番手で登板した高橋礼投手が2回を投げて打者6人で抑えるパーフェクト投球を披露した。

高橋礼投手は2月のキャンプ中に左太もも裏を痛め、今年初めての実戦マウンドになった。「5日前のシート打撃では久々の実戦練習とあって、フォームとか、力が入るとか、自分との戦いになっていました。今日はもう周りの皆さんが自分の結果に集中している中だったので、自分も結果にこだわってバッターとの勝負に集中しようと思っていました」と振り返った。反省点はいくつか挙げていたが、価値ある第一歩を踏み出したマウンドになった。

紅組の打線は三森大貴選手の二塁打と甲斐拓也選手の左越えシングルヒットの2本のみ。投手陣は登板した3投手がいずれも失点したが、バンデンハーク投手とスチュワートJr.投手は力のある直球を投げ込んでいた。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる