2020/05/31(日)選手

【戦評】東浜投手が快投!柳町選手に3ラン

5月31日(日)紅白戦第5戦 PayPayドーム


紅組 0 0 0 0 0 5 1 6
白組 0 0 0 0 2 0 0 2

※特別ルール

投手リレー

(紅)和田、松本、尾形
(白)東浜、ムーア、津森

本塁打

(紅)柳町、バレンティン

スタメン

(紅)4牧原 6西田 8柳田 7バレンティン 3栗原 D川島 D髙谷 2九鬼 5リチャード 9柳町
(白)D今宮 6周東 8上林 5松田宣 9長谷川 3内川 D明石 2甲斐 4三森 7谷川原

戦評

序盤はハイレベルな投手戦だった。白組で先発した東浜巨投手は3回パーフェクトの快投。前回登板も3回1安打無失点で、2試合続けて好結果を出した。工藤公康監督も「ストレートでカウントも取れたし、今日はシンカーが非常に良かった。そしてカーブをしっかりカウント球に使って、バッターに振らせた。それでシンカーが生きたのもある。総合的にいい調整をしてくれているなと思いました」と笑顔で振り返った。

紅組で先発した和田毅投手も3回無失点。そして白組2番手のムーア投手は2イニング目まではパーフェクトだった。しかし、3イニング目に走者を許してから5失点。ただ、「コンディションは悪くない」と話しており、今後しっかり状態を上げていくことを誓った。

打線では白組が五回に三森選手の犠飛などで2点を挙げたが、紅組打線が六回に爆発。髙谷裕亮選手のチーム初安打とリチャード選手のヒットで2死一、二塁として10番・柳町達選手が左翼のSANKYUホームランテラスへ逆転3ランを放った。「打ったのは真っ直ぐ。速い球を打つことを課題にしているのでよかったし、広角に打てるのが持ち味なのでいいアピールになりました」と納得顔だった。

さらにこの回には柳田悠岐選手に2点タイムリーが飛び出し、七回にはバレンティン選手がレフトへ大きなソロアーチを架けた。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる