2022/07/06(水)選手

ファン投票で又吉投手、今宮選手、柳田選手が球宴へ。第1戦は福岡開催

6年ぶりにPayPayドームでも開催される「マイナビオールスターゲーム2022」のファン投票最終結果が7月6日(水)に発表され、パ・リーグ中継ぎ部門で又吉克樹投手、同遊撃手部門で今宮健太選手、同外野手部門で柳田悠岐選手が選出されました。
オールスターは第1戦が7月26日(火)、PayPayドームで開催(19:00試合開始)。そして第2戦は翌日27日(水)に松山・坊っちゃんスタジアムで行われます(18:30試合開始)。

又吉投手は移籍1年目のため、当然パ・リーグでは初めてのオールスター出場になります。今季は30試合に登板して3勝3敗1セーブ14ホールド、防御率2.10をマークし、必勝継投に欠かせぬ存在として活躍しています。
オールスターにはセ・リーグ時代に2回出場経験がありますが、3度目出場の今回は初のファン投票選出で喜びも格別。さらに同郷の西武ライオンズ・平良投手との接戦を制しての選出となりました。「沖縄人同士で争えたのも嬉しかったし、選んでいただいたファンの皆さんに感謝。去年はセで今年は初めてのパ。ベンチやブルペンの雰囲気の違いもあると思うので、楽しみたいです」と笑顔で話しました。また、又吉投手といえば積極的にSNS発信をすることから「又吉広報」の異名をとって有名に。「全国ニュースで取り上げてもらえることも増えてきたし、せっかくのオールスターの機会なので喜んでもらえる写真も撮りたいです」と好投と変わらぬ前向きな意気込みを口にしていました。

今宮選手は6度目のオールスター選出となりました(2019年は故障のため出場を辞退)。華麗なショートの守備はもちろん、今季は打撃でも堅調で65試合出場、打率.314、1本塁打、16打点の成績。打率はパ・リーグで2位につけており、初の首位打者獲得も夢ではありません。
今回のオールスター出場は5年ぶり。「久しぶりに選んでもらったのでいい結果を残したいです」と意気込みを口にし、「人と接するのは苦手ですが、パ・リーグのベンチでしっかりコミュニケーションをとれるようにしたい」と笑いながら話していました。また、プレーについては「ホームランを打ちたいです。シーズンで打っていない分、オールスターでフルスイングを」と話し、「今回は福岡。多くの福岡のファンの皆さんの前で打ちたいです」と力を込めました。

柳田選手は8回目の選出となります(ただし2019年は故障のため出場を辞退)。今シーズンからキャプテンに就任し、チームを引っ張りながら57試合出場、打率.253、10本塁打、40打点の成績を残しています。
「たくさんの票をいただいて光栄に思います。オールスターはたくさんのいいバッターに話を聞けるのが楽しみです。また、本拠地でオールスターに出るのも最後かもしれない。次は何年後(の開催)になるか分からないんで」と話し、「まずはヒット一本打ちたいですね」とギータ節で締めくくっていました。

なお、選手が選手を選ぶ「選手間投票」の結果は7月11日(月)に、監督選抜を含む出場メンバーは7月13日(木)に発表となります。
さらに「マイナビオールスターゲーム2022」において、ファン投票、選手間投票、監督選抜の各選出方法で選ばれていない選手の中からセ・パ両リーグ1選手ずつを再びファン投票で選ぶ「プラスワン投票」も実施されます。投票期間は7月14日(木)~7月20日(水)で、選出選手は7月22日(金)に発表されます。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる