2017/03/22(水)選手

鷹ユニ会見に出席した柳田選手「赤がカッコいい!」

選手画像

選手画像

3月22日(水)、「鷹の祭典2017専用ユニフォーム」のデザインが公開され、チームを代表して柳田悠岐選手とサファテ投手が発表会見に出席しました。

今年は、その名も「1ダホー!ストライプ2017」です。

ヤフオクドーム内のプレスカンファレンスルームでの会見には専用ユニフォームと専用キャップも装着して登場した両選手。柳田選手は「赤がカッコいい! それにストライプは普段のホークスにはない柄なので、いつもと違う気持ちで野球が出来ますね」と笑顔。サファテ投手も「ホークスに来て1年目(2014年)が『カチドキレッド』ですごく勝率がよかった。後半戦もそのまま勢いに乗った感じだったし、また今年もそんな戦いをしたいね」と力強く話しました。

このユニフォームの、ストライプラインは、鷹の羽ばたきをイメージしたカチドキレッドの「V」の集合体で構成されています。「カチドキレッド」をテーマカラーにした2014年の「鷹の祭典」は6勝2敗の好成績。夏場以降も熱い戦いを続けたホークスはシーズン最終戦の144試合目で劇的リーグ優勝を果たし、そのまま3年ぶりの日本一へと駆け上がったシーズンでした。

「夏場は疲れが出る頃。このユニフォームで新鮮な気持ちになることで体も動く。球場全体も同じカラーに染まっていい雰囲気になる。勢いがつくと思います」(柳田選手)

「自分たちも楽しむし、ファンの皆さんもいつものユニフォームを違う僕らを見て楽しんでもらえると思う。ユニフォームを着て球場で応援してほしい。僕らは結果を出して応えるだけ」(サファテ投手)

今シーズンのホークスは、「日本一」「一致団結」「一体感」をモチーフとした1ダホー!ストライプのユニフォームをまとい、悲願の日本一奪還を目指します。

2017年3月22日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる