2017/11/01(水)選手

【直前】4連勝で日本一へ!今日も「フルスロットル」

選手画像

選手画像

選手画像

【11月1日(水)日本シリーズ第4戦 ベイスターズ×ホークス 横浜スタジアム】

横浜はすっきりとした青空でした。今夜も綺麗な星のもとでのナイターとなるでしょう。

「SMBC日本シリーズ2017」は第4戦。ホークスは3連勝で迎える、いよいよ日本一奪回へ王手をかけた大一番です。

最初のビジターゲームとなった第3戦は、第2戦に続いて1点差試合。しかし、今年のホークスは94勝を挙げたレギュラーシーズンでも、うち27勝が1点差勝利でした。接戦を勝ちきる地力こそ、ホークスの誇りです。

工藤公康監督は「4連勝で決めるという強い気持ちで、一気に行けるように全員フルスロットルで初回から行きたい」と話しています。3試合とも初回に先制点を奪って主導権を握っています。1番を打つ柳田悠岐選手。2番今宮健太選手がつないで、中軸のデスパイネ選手や内川聖一選手で点を取るという理想的な攻撃が出来ています。

投手では和田毅投手に注目。「横浜スタジアムは11年ぶりですね。2006年の交流戦で投げました」と懐かしそうな表情。ちなみに、それが2006年5月31日の試合で、和田投手は7回6安打2失点で勝利投手になりました。その試合ではホークスが初回に先制。松中信彦選手のタイムリーなどで2点を挙げ、接戦となりましたが、3対2で勝利しました。

今シリーズにもつながるような11年越しの因縁。厳しい戦いも覚悟しながら、それでも最後に笑うのはホークス。日本一の「1ダホー!」の叫びを、今夜、轟かせましょう。

2017年11月1日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる