2018/03/03(土)選手

内川選手が「レジェンドデー」へ、思いを語る

ホークスは、今シーズンで球団創設80周年を迎えました。それを記念したイベント「レジェンドデー」が今季中に全5回開催されます。

第1回は3月31日(土)に決まりました。テーマは「南海ホークス」。レジェンドOBゲストで戦後初の三冠王であり、名監督として南海ホークスの黄金期を彩った野村克也氏、投手として活躍された江本孟紀氏が来場します。江本氏は当日、ヒーローインタビュアーなどのイベントに参加していただきます。

また、球団創設80周年イメージキャラクターとして、漫画家・水島新司氏の代表作「あぶさん」の主人公である景浦安武の就任も発表されました。本企画の為に書き下ろされた「80周年ユニフォーム」を着用したあぶさんが、公式戦開幕よりヤフオクドームの7ゲート内に等身大パネルとなって登場。その他ドーム内のポスター掲出など、様々な展開が予定されています。

3月3日(土)に発表会見が行われ、内川聖一選手が「80周年記念ユニフォーム」の姿で登壇しました。「今まで歴史を作ってくださった先輩方がいるおかげで今がある。これからの歴史を作る僕ら現役選手も頑張っていかないといけない」と、ホークス創設期から現在が交差して一つになることをイメージしてデザインされたユニフォームに袖を通して気を引き締め直した様子。また、第1回目のレジェンドOBゲストを聞くと、「野村さん、江本さんが現役当時にご活躍された姿は残念ながら直接見ていないですが、本当にすごい成績を残された先輩方です。今でもお話しする時は緊張します」と話し、イメージキャラクターの「あぶさん」についても「読んでいましたし、僕がホークスに来た際に『内川くんを描いていいか』と水島先生に言って頂き、僕も出してもらって、ホークスの一員になったと実感しました」と笑顔いっぱいに話しました。

3月30日(金)に開幕する今シーズン。内川選手は通算2000本安打にあと25本に迫って、今季の開幕を迎えます。「工藤監督も言われているように『連覇』ではない。2018年型のホークスとして、また日本一を目指しに行きます。節目の年に最高の思いをしたいです」と熱く抱負を語りました。

2018年3月3日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる