2018/07/02(月)選手

加治屋投手が球宴初出場! 森投手は2回目

7月2日(日)、「マイナビオールスターゲーム2018」の監督選抜選手が発表され、ホークスからは加治屋蓮投手、森唯斗投手の2名が選出されました。

加治屋投手は初出場。今季はここまで、リーグ最多タイの37試合に登板して2勝0敗14ホール、防御率1.83の成績を残しています。プロ5年目での初の大舞台に「率直に嬉しいし、楽しみな気持ちです」と笑顔。パ・リーグの監督を務める工藤公康監督から直接伝えられたと言い、「オールスターに出ておかしくない数字。自信を持って堂々と」と声をかけられたそうです。対戦したい打者はベイスターズの筒香選手。「同級生で、交流戦ではタイムリーを打たれた。次はしっかり三振にとりたい」と闘志をメラメラと燃やしていました。

森投手は3年ぶり2度目の出場です。今季は抑えのポジションで、ここまで32試合に登板して0勝3敗16セーブ(リーグ3位)、防御率4.03の成績を残しています。「初めての出場はバリオスが辞退したことによる代替出場でした。また違った形で選んでもらって嬉しいし、楽しみです。前回は守備に助けられたところもある。自分のピッチングが出来るように頑張ります」と意気込みを口にしました。

また、2人は同期入団。加治屋投手がドラフト1位、森投手が同2位でした。「一緒に出られてうれしい」と森投手。「楽しむことが一番。楽しんできたい」と話しました。

今年のオールスターゲームの第1戦が7月13日(金)に京セラドーム(19:00開始)、第2戦が同14日(土)に史上初めて熊本の藤崎台県営野球場(18:30開始)で行われます。

さらに今年は「両リーグもう1人の選手」を選ぶプラスワン投票も実施され、7月3日~8日が投票期間となり7月10日に「最後の1人」が明らかになり今季のオールスターゲームの出場選手が出揃います。

2018年7月2日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

加治屋 蓮

森 唯斗

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる