2019/02/16(土)選手

【戦評】美間選手レフト弾!ローテ争いはし烈

2月16日(土)紅白戦第1戦 宮崎アイビー

紅組
白組 1

※特別ルール

バッテリー

(紅)高橋礼、二保、笠谷、松田遼――谷川原、髙谷
(白)武田、田中、大竹――栗原、甲斐

本塁打

【白】美間

スタメン

(紅)4川島 D髙田 7福田 3内川聖一 5松田宣 8釜元 D髙谷 6川瀬 7周東 2谷川原
(白)4牧原 6今宮 7中村晃 8真砂 5西田 9塚田 D甲斐 3美間 2栗原 D三森

戦評

今キャンプ初の紅白戦。両チーム無得点で迎えた最終回(6回裏)、美間優槻選手が左翼ポール直撃の本塁打を放ち1対0で白組が勝利をした。この日B組から参加した美間選手は昨季7月にカープから移籍してきた。ホークスで一軍出場は出来なかったが、カープでは開幕一軍入りを果たすなど伸び盛り。ウリの長打力でアピールし、笑顔を浮かべていた。
また、育成枠ながらA組で奮闘中の周東佑京選手は大竹耕太郎投手から三塁打をマーク。自慢の俊足を披露した。しかし、試合序盤ではその周東選手が盗塁を失敗。捕手の栗原陵矢選手が「キャノン砲」ばりの強肩を披露した。
投手陣は白組先発の武田翔太投手が2回1安打無失点。最速148キロを記録した。紅組で先発した高橋礼投手も2回無失点と好投。先発ローテ争いはますます激しくなる。

2019年2月16日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる