2019/04/05(金)選手

【直前】161キロ右腕千賀投手で初戦臨む!

4月5日(金)~7日(日)ホークス×マリーンズ ヤフオクドーム

12球団唯一の勝率10割! 今季スローガンのごとく、見事な開幕「奪Sh!」を決めたホークス。1分けを挟み連勝街道まっしぐらです。開幕5連勝は2008年以来、球団11年ぶりとなります。

5日(金)からはマリーンズを地元福岡に迎えての3連戦です。初戦の先発は、開幕投手を務めた千賀滉大投手です。『3・29』のマウンドでは白星つかずも6回無失点の好投。なにより、立ち上がりから自己最速を更新する161キロを連発して、ヤフオクドームに大歓声とどよめきを起こしました。「力を入れるつもりはなかったけど、勝手に入ってしまった」と振り返った衝撃の2球。ただ、落ち着きを取り戻した後はいつもどおりフォームのバランスを確認しながら投げてゼロをスコアボードに並べました。千賀投手自身がやることは、個のマリーンズ戦のマウンドでも同じです。チームに勝利を届ける投球、そして今季1勝目へ、今シーズンのテーマである「自覚」を胸にマウンドに上がります。

そして打線は開幕から不動のオーダーで戦い続けており、上手く機能しています。柳田悠岐選手は前夜のタイムリー二塁打で早くも今季打点を10に乗せました。松田宣浩選手や今宮健太選手も打率3割台中盤をマーク。グラシアル選手も調子を上げていきました。

また、7日(日)の試合はホークス福岡移転30周年を記念した「WE=KYUSHUデー」として行われます。

“ホークスは九州と共に”を合言葉に「WE=KYUSHUユニフォーム」を着用して試合に臨む「WE=KYUSHUデー」を九州5都市で開催。その第1弾はヤフオクドームです。来場者には、選手が着用するユニフォームと同じデザインのレプリカユニフォームがプレゼントされます。

また、試合前には、ホークスをここまで育ててくれた九州の熱いファンへの感謝とこれからのホークスとの繋がり・絆をより強固にするために、地域のお子様が参加するセレモニーを実施。さらに、WE=KYUSHUユニフォームが縦30メートル×横30メートルの大きさになったビックユニフォームも登場します。

2019年4月5日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる