2019/05/10(金)選手

【直前】ピンクのエールで華やかに後押しを

5月10日(金)~12日(日)ホークス×マリーンズ ヤフオクドーム

仙台では悔しい2試合連続サヨナラ負け……。しかし、ショックを引きずっていては『奪Sh!』の夢は遠のいてしまいます。まだホークスは首位、貯金も7つ保持しています。焦る必要はまったくありません。10日(金)からはまた本拠地ヤフオクドームに戻って、どっしりと腰を据えて、地元の熱い大声援に勇気をもらった戦いに臨みます。

対戦相手はマリーンズです。今季対戦成績は1勝5敗とここまでは分の悪いカードになっています。2つの悔しさを晴らすべく臨む10日(金)からの3連戦。特に11日(土)、12日(日)は華やかで心強い「ピンクのエール」がホークスナインを後押しします。

11日(土)、12日(日)は「タカガールデー」が開催されます。タカガールピンクに彩られる2試合。女性向けのイベント、グルメがヤフオクドームに続々登場します。また、ホークスの選手たちは「ピンクリボンユニフォーム」を着用してこの2試合はグラウンドで躍動します。

まず勢いをもう一度加速するために、きっちり得点を重ねていきたいところです。開幕からずっと絶好調なのが今宮健太選手。現在7試合連続安打中かつ4試合連続マルチ安打中です。仙台での2試合は4本のタイムリーヒットを放つなど、打順が3番になってからは勝負強さもより増した印象があります。5月は月間打率.438をマークしています。ちなみに曜日別成績では金曜日が最もよく打っており、打率.478を記録しています。3連戦初戦の勝利へのキーマンになりそうです。

また、勝負強さといえばデスパイネ選手がここ6試合で8打点と急激に調子を上げてきました。4月の月間打率は.226でしたが、5月は.346と当たっています。

初戦の先発マウンドに上がるのは武田翔太投手。今季成績は2勝2敗、防御率4.18です。4月11日以来勝ち星から遠ざかっている右腕ですが、前回登板以降は体の使い方について見直したり新たな意見を取り入れたりして、復調へ自分と向き合いました。チームも自身も流れを呼び戻す快投に期待です。

2019年5月10日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる