2019/06/23(日)選手

交流戦V8達成!2年ぶりの優勝

ホークスが大接戦となった今シーズンの「日本生命セ・パ交流戦」の覇者となりました。優勝は2年ぶり。8度目は12球団ダントツです。

23日(日)のジャイアンツ戦(東京ドーム)は勝てば優勝、負ければ対戦相手のジャイアンツが優勝、引き分けの場合はイーグルスにも可能性が浮上するという大一番でした。

その中、試合は初回からホークスが攻勢を仕掛けました。「1番二塁」でスタメン出場した福田秀平選手が菅野投手から先頭打者6号ホームラン。これで流れは一気にホークスへ。さらに満塁のチャンスを作り上げて松田宣浩選手の内野安打(相手失策も絡み2点追加)、甲斐拓也選手の絶妙なスクイズでいきなり4点を先制しました。

福田選手はさらに7回にも7号ホームラン。1試合2本塁打はプロ入り初で、21日の代打満塁ホームランに続く大仕事にホークスベンチのムードは今季一番と言っていいほどの盛り上がりを見せました。

コメントを寄せた福田選手。そこには「みんな和田さんに勝ちをつけてあげたいという気持ちなので」とありました。

先発した和田毅投手は味方の頼もしい援護に勇気をもらい、強敵相手にも真っ向勝負を挑んで5回を81球、3安打6奪三振1失点で投げきって見事勝利投手に輝きました。和田投手の白星は2017年9月10日のマリーンズ戦(ヤフオクドーム)以来651日ぶりです。

好相性の交流戦を優勝という最高の結果で終え、パ・リーグV奪回へ大きな弾みをつけました。リーグ戦は6月28日(金)のファイターズ戦(札幌ドーム)から再開となります。

2019年6月23日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる