2019/07/23(火)選手

【直前】『鷹の祭典』で、逆襲のタカになる!

7月23日(火)~25日(木)ホークス×マリーンズ ヤフオクドーム

今年もファンと街とホークスが一つになって熱く盛り上がり、一戦必勝で戦っていく「鷹の祭典」がいよいよヤフオクドームではじまります。

今週開催の6試合で行われ、前半は23日からのマリーンズ3連戦です。

今季対戦成績は3勝9敗と悔しい結果に終わっていますが、5月26日以来およそ2カ月ぶりの顔合わせとなり、チーム状況なども一変しています。また、工藤公康監督は「苦手意識を持っているわけではないけど、敗れてしまうと相手もヨシとなってくる。選手たちもやられたままではいられないと皆思っているし、向かって行く気持ちを出して戦っていくのが大切になる」と話していました。

初戦の先発マウンドには高橋礼投手が上がります。9勝目をかけて、後半戦初登板に臨みます。「登板間隔も開いたのでしっかり調整できました」。前半戦の終わりころは特徴であるストレートの強さに課題を感じたとそうで、「体のバランスやトレーニング、疲れを取ることもやってきました。140キロの真っ直ぐがあれば相手も嫌なはず。一つのバロメータだと思っています」と力を込めました。

打撃陣では21日のイーグルス戦(楽天生命パーク)で決勝本塁打を放った長谷川勇也選手をはじめ、内川聖一選手や松田宣浩選手といった経験豊富な打撃陣に期待したいところ。なかでも松田選手はマリーンズ戦で対戦打率.348、5本塁打とよく打っており、得点源のキーマンになりそうです。

2019年7月23日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる