2019/07/29(月)選手

【今週の見所】松田選手「闘志がんがん」

地元福岡での鷹の祭典6連戦が終わり、しばらくビジターでの試合が続きます。
工藤公康監督が「しっかり勝ち越して帰ってきたい」と話せば、先週の地元6連戦のラストでヒーローになった松田宣浩選手も「闘志がんがんに戦っていきたい。まだ首位にいるし、守り抜いて福岡に帰って来たい」と熱男全開で、日々の健闘を約束しました。

今週前半の30日(火)からはライオンズと3連戦。今季対戦成績は8勝6敗です。メットライフドームで対戦するのは4月19日~21日の3連戦以来。その4月21日の試合は周東佑京選手がプロ初安打を本塁打で飾り、さらに三森大貴選手がプロ初安打から一気の3安打猛打賞、美間優槻選手がプロ1号弾と若鷹たちが大活躍して16対5と圧勝しました。本格的な夏の戦いを迎える中で、若手の勢いは大事にしたいところ。今回のライオンズ3連戦から一気の加速をかけられるでしょうか。さらにカード初戦での先発が見込まれる高橋礼投手は今季9勝のうち4勝(0敗)をライオンズ戦でマークしています。レオキラーのサブマリンが快投して、ホークスに流れを呼び込めば勝ち越し目標へ大きく前進できるでしょう。

週末は札幌ドームに乗り込んでファイターズと3連戦になります。首位攻防戦です。今季の対戦成績は8勝5敗1分としっかり勝ち越しています。しかし、前回対戦の3連戦だった後半戦開幕カードではまさかの3連敗を喫してしまいました。森浩之ヘッドコーチも「あの3試合で日ハムを乗せてしまった」と悔しがっていました。

やられっ放しでは終わらないのが今年のホークス。イーグルス戦でも好例があります。5月31日~6月2日に本拠地で3連敗してしまいましたが、7月2日~4日に再度本拠地で対戦した際には見事3連勝。工藤監督は「選手たちが戦う姿勢を前面に出して積極的なプレーをしてくれた。大きい3連戦でした」と手応えを口にしていました。ホークスナインは、再びリベンジの鷹となったファイターズに立ち向かっていきます。今季の中でも大事な位置づけになる3連戦になるでしょう。

今週の試合予定

  • 7月30日(火)ライオンズ(メットライフ)18:00 高橋礼投手
  • 7月31日(水)ライオンズ(メットライフ)18:00 スアレス投手
  • 8月1日(木)ライオンズ(メットライフ)18:00 大竹投手
  • 8月2日(金)ファイターズ(札幌ドーム)18:00 千賀投手
  • 8月3日(土)ファイターズ(札幌ドーム)14:00 二保投手
  • 8月4日(日)ファイターズ(札幌ドーム)14:00 ミランダ投手

2019年7月29日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる