2020/02/20(木)選手

【戦評】リチャード選手、会心の一発!

2月20日(木)紅白戦第3戦 宮崎アイビー

紅組 0 0 0 0 0 0 0
白組 0 0 3 0 0 0 3

※特別ルール

投手リレー

(紅)バンデンハーク、髙橋純、重田
(白)石川、スチュワートJr.、岡本、津森

本塁打

(白)リチャード

スタメン

(紅)4周東 6今宮 5松田宣 Dバレンティン 9真砂 2栗原 3髙田 8佐藤 7柳町 D九鬼
(白)4牧原 3川島 D中村晃 7長谷川 2回 9上林 6西田 8釜元 D髙谷 5リチャード

戦評

白組が三回に集中攻撃を見せた。先頭の西田選手が中越え二塁打で出塁。その後1死三塁として髙谷選手がレフトへ犠飛を打ち上げて先制点を奪った。そして次打者のリチャード選手が登録名変更初日に自らアピールとなる会心本塁打を左翼席へ放った。なおも牧原選手がヒットでチャンスメイクし、川島選手の左翼線二塁打で生還。一気に攻撃で3点を挙げた。紅組の髙橋純投手は悔しいマウンドになった。

白組では先発石川投手が2回無失点と好投。最速149キロをマーク。バトンを受けたスチュワートJr.投手も2回無失点。こちらは最速153キロを計測した。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる