2020/03/05(木)選手

【戦評】若鷹打線が躍動!ルーキーにも打点

3月4日(水)ホークス8-1スワローズ PayPayドーム

ホークスが終始主導権を握って大勝した。

初回に先制を許したものの、一回裏に髙田知季選手の適時打とバレンティン選手の犠飛ですかさず逆転に成功。三回には中村晃選手にオープン戦1号2ランが飛び出した。四回には髙田選手がこの日2本目の適時打を放てば、七回には若鷹たちが躍動した。

三森大貴選手が中前打で出塁すると、栗原陵矢選手が左中間へ適時二塁打を放って追加点。さらに続く柳町達選手がセンターの頭を越える適時三塁打、佐藤直樹選手の内野ゴロでもう1点と得点を重ねた。ルーキーたちに打点がついて、この回3得点でダメ押しした。

本塁打を放った中村晃選手は「打ったのはストレートです。ここまであまり状態が上がって来ない中でしたが、しっかり捉える事ができました。これからどんどん調子を上げていきたいです」と手応えを口にしていた。

投手では、先発した和田毅投手が4回3安打1失点。初回ソロで失点したものの、直球が力強く毎回の5奪三振をマークした。和田投手は「前回登板で強い真っ直ぐが投げられていなかった。ようやく自分の中でストレートの感覚が良くなってきた。工藤公康監督から軸足の使い方についても話をしてもらい、2日前から良い感じが出せていた」と収穫のマウンドとなった。

また3番手でムーア投手が登板し、2回3分の2を投げて無失点。8アウト中5つを三振で奪い、150キロ超のストレートがうなりを上げていた。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる