2020/03/07(土)選手

【戦評】“開幕”確定の東浜投手が好投

3月7日(土)ホークス2-4ベイスターズ 横浜

横浜遠征2連戦の初日。ホークスは四回、6番レフトでスタメン出場した長谷川勇也選手が右翼スタンドへ2ラン本塁打を放ち先制点を奪った。「打ったのはストレートです。松田宣さんの進塁打で気合が入りました。本番モードのつもりでしたし、1球で仕留められて良かったです」と語った長谷川選手は2打数2安打の活躍。5年ぶり開幕スタメンへ好アピールを続けている。

また、打撃陣では1番セカンドで出場した牧原大成選手が3試合連続マルチ安打(連続試合安打は4試合)とバットが振れている。4日の試合で2盗塁を決めたのに続いてこの日も1盗塁と持ち味も発揮している。

投手陣では自身初の開幕投手を務めることが明らかになった東浜巨投手が5回3分の2を投げて2安打4奪三振1四球1失点と安定した投球を見せた。「前回の登板では、曲がり球がうまく操れていなかったので、曲がり球をしっかり投げる事をテーマにマウンドに上がりました。今日はストライクゾーン、ボールゾーンに投げ分けることができたし、ある程度自分の投球ができました。ストレートに関しても自分らしいボールが増えてきて、状態も良くなってきたと思います。次回の登板では開幕に向けて、しっかり調整したいです」と前向きな言葉を並べた。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる