2020/03/16(月)選手

【戦評】1安打完封リレー&3本塁打で快勝

3月15日(日)ホークス6-0カープ マツダスタジアム

オープン戦最終戦も快勝。引き分けを挟み4連勝で締めくくった。

投打で圧倒した。初回、中村晃選手のタイムリーで先制すると、二回にはリチャード選手が左中間へ大きな一発を運んだ。オープン戦2号ソロに「打ったのはストレートです。

タイミングを合わせる事を意識して打ちにいきました。芯で打つ事が出来たし、ホームランになってくれて良かったです」と喜んだ。

三回には中村晃選手にもオープン戦2号ソロが飛び出して追加点を挙げると、この回はさらに上林誠知選手と西田哲朗選手の連続適時打も飛び出してさらに2点を加えた。

六回には周東佑京選手がセンターオーバーの打球で一気にダイヤモンドを駆け巡った。俊足を生かしたランニング本塁打でダメ押し点を奪った。

投手陣も快投の連続だった。先発した尾形崇斗投手は4回1安打無失点と先発としての適性を示せば、その後古谷優人投手、川原弘之投手、津森宥紀投手、泉圭輔投手がノーヒットリレーでつないだ。若鷹投手陣による“準ノーノ―リレー”。自信を深める一戦となった。尾形投手は「今日は、しっかりと要所を締めることが出来たと思います。ランナーを出してからも、落ち着いて自分の投球ができました。良い打者に対して真っ直ぐでしっかりと勝負できたし、抑えることが出来て自信になりました。長いイニングを投げたのは久々でしたが、結果にも内容にも満足しています。開幕に向けてこの調子を維持していきたいと思います」と振り返った。

ホークスのオープン戦の戦績は8勝3敗1分。勝率.727で12球団中2位だった。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる