2020/07/06(月)選手

【今週の見所】バレンティン選手の打撃が急上昇!

2週間にわたる長い遠征を経て、開幕カード以来の地元福岡でのゲームとなります。

5日(日)まで行われたファイターズ戦(すべて札幌ドーム)は3勝2敗1分と勝ち越しました。

打線の調子が上向いています。その代表格がバレンティン選手。4試合連続で複数安打と打点をマークしており、この間の成績は14打数8安打3本塁打10打点と驚異的です。「完ぺきだった」「コンパクトに打てた」など前向きなコメントも増えてきており、打線の中心にどっしりと座っています。

そして今宮健太選手も勝負強い打撃を見せており、4日(土)の試合では会心の本塁打で勝利に貢献しました。その前日の3日(金)にはプロ野球史上最年少、そして初の20代での通算300犠打も達成しています。

このところ1番打者に定着している栗原陵矢選手はここまで打率.317でパ・リーグ打率の10位にランクイン。11打点もマークしています。

また、その中でチームは新しい風がまた吹き始めています。5日の試合ではプロ初スタメンの九鬼隆平選手が今季初打席だった三回に、プロ初安打となるプロ1号ホームランを左翼席へ運びました。大きな放物線で完ぺきな打球。「打ったのはストレートです。とにかく食らいついて打ちに行こうと思っていましたが、自分でもビックリです。体が上手く反応して打てた感じでした」と目を丸くしていました。

そしてこの試合では古谷優人投手がプロ初登板を果たしました。故郷の北海道で1回を投げて打者3人で抑えるパーフェクト投球を見せて2三振も奪いました。150キロ台中盤に迫る直球をどんどん投げ込み、会心のデビューとなりました。

7日(火)からはイーグルスと本拠地で6連戦です。昨季対戦成績は13勝12敗とほぼ互角でした。調子を上げてきた選手たちのプレーはもちろん、ホークスのベンチには昨季までイーグルスで指揮を執っていた平石洋介打撃兼野手総合コーチがおり、さらに昨季までイーグルスでコーチだった森山良二投手コーチもいます。その辺りの心理戦にも注目です。

今週の試合予定

  • 7月7日(火)イーグルス(PayPayドーム)18:00
  • 7月8日(水)イーグルス(PayPayドーム)18:00
  • 7月9日(木)イーグルス(PayPayドーム)18:00
  • 7月10日(金)イーグルス(PayPayドーム)18:00
  • 7月11日(土)イーグルス(PayPayドーム)18:00
  • 7月12日(日)イーグルス(PayPayドーム)14:00

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる