2020/10/08(木)選手

中村晃選手が通算1000試合出場を達成

中村晃選手が10月8日(木)のライオンズ17回戦(メットライフドーム)で通算1000試合出場を達成しました。史上508人目です。

中村晃選手は埼玉県出身の30歳。帝京高校から2007年高校生ドラフト3巡目でホークスに入団しました。

プロ初出場は2011年5月3日のイーグルス4回戦(ヤフードーム=当時)の八回に代走から出場して記録しました。

2013年シーズンからスタメンの定着。この年に109試合に出場すると、2016年と2017年には143試合のシーズンフル出場を果たすなど6年連続で100試合以上に出場してきました。

狙ったボールを一撃で仕留める「レフティースナイパー」としてホークス打線の中で存在感を示しているのはもちろん、堅実な守備での貢献度も高く、さらに真摯に野球に取り組む姿勢は若鷹たちの手本になっています。また、2020年シーズンからは選手会長を務めており、文字どおりチームリーダーとしてホークスを引っ張っています。

中村晃選手も「試合に使ってくれた監督、自分の体のケアも含めて体を鍛えてくださった、トレーナーやスタッフの方々に感謝したいです。これからも試合に出場して、チームの勝利に貢献出来るように頑張ります」と喜びのコメントを寄せました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる