2020/10/23(金)選手

【直前】勝利の空を舞うタカ。最短Vは25日!

10月23日(金)~25日(日)ホークス×ライオンズ PayPayドーム

大きな連勝を「11」まで伸ばして、鷹ナインは北海道から地元福岡へ帰ってきました。

そしてついに優勝マジックを点灯させ、現在「6」としています。現時点での最短優勝は25日(日)となっており、このライオンズとのカードで3年ぶりのリーグ優勝が実現する可能性もあります。Vロードのラストスパートへ、この勢いで突き進むのみです。

ライオンズとの今季対戦成績は8勝8敗1分で、互角の戦いをしてきました。

勝機を広げるには、いかにホークスらしい戦いに持ち込めるか。現在の11連勝のうち10勝で先発投手が白星をマークしているのを見ても分かるように、安定した先発陣と、そこに早い回から援護点を挙げている打線のバランスの良さが大きな勝因となっています。

打線の中でもやはり1番に定着している周東佑京選手の充実ぶりが際立ちます。この11連勝中は打率.362、10盗塁を記録。盗塁は6試合連続マーク中で、シーズン42個まで積み上げました。盗塁王レースでもトップを快走しており、「ここまで来たら抜かれたくない」と気持ちも前のめりです。

周東選手がチャンスメイクをして、10月月間打率が好調の柳田悠岐選手(.380)やグラシアル選手(.324)に繋げていけば、おのずと得点機は数多くなっていきます。

そして、注目の先発陣。初戦は石川柊太投手がマウンドに上がります。今季成績は8勝3敗、防御率2.63です。前回から中7日の登板。「どんな状況であれ、自分の中ではプラスにするつもりで日々戦っています」と究極のポジティブ思考が持ち味の右腕です。「優勝マジックが点灯したからといって変えるものは何もない。ただひたすら目の前の一球に魂を込めるのみです」と強い気持ちを示しました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる