2020/11/22(日)選手

【直前】栗原選手、周東選手「シリーズ男」へ真価の第2戦

11月22日(日) SMBC日本シリーズ2020 第2戦 京セラドーム

工藤公康監督が「先手必勝」を掲げて臨んだ第1戦を5対1で快勝しました。

若鷹の栗原陵矢選手が二回に、自身日本シリーズ初安打となる先制2ラン本塁打をライトスタンドに放つと、四回には右翼線二塁打、六回には左中間2点二塁打で3安打4打点の大活躍。ド緊張で臨んだ大舞台と思いきや、のびのびとはつらつとプレーをする姿に、工藤公康監督も「1年間ずっとやってきたことが出ている」と成長を認めていました。

クライマックスシリーズでは無安打を苦しんだ栗原選手ですが、常に前を向いて「やれる練習はすべてやってきました。シリーズの前日のフリー打撃あたりから感触が良くなっていたんです」と手応えを口にし、その表情は確かに逞しく映りました。

投げては千賀滉大投手が「何とか投げきれた」と言いながらも7回無失点の好投。ストレートで巨人打線を封じ込めました。

その流れに乗って第2戦の先発マウンドに上がるのは石川柊太投手です。今季最多勝と勝率第1位のパ・リーグ投手に2冠に輝いた右腕は、日本シリーズ初先発となります。「中継ぎのつもりで、全力で行きます。悔いのないように腕を振るだけです」と気合を込めていました。

打線も「シリーズ男」になりそうな栗原選手をはじめ、工藤監督は第1戦の八回に盗塁を決めた周東佑京選手や、そのチャンスでタイムリーを放った中村晃選手の粘りの打撃を高く評価し、「次の試合につながる」と話していました。

ホークスの理想の試合運びは早い回に先行して、盤石の投手陣で守り切ること。ホークスらしい野球での連勝を狙いに行きます。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる