2021/01/06(水)選手

5位ルーキー田上投手が入団発表「叔父さんよりも」

1月6日(水)、ドラフト5位ルーキーの田上奏大投手がPayPayドーム内のプレスカンファレンスルームにて新入団発表に臨みました。

田上投手は大阪府出身の18歳右腕。履正社高校から入団しました。叔父が元ホークスで、ベストナインに輝くなど「強打の捕手」として活躍した田上秀則氏。その所縁のある「背番号70」を継承しました。

会見に臨んだ田上投手は「やっとたくさんの人に、ホークスのユニフォーム姿を見せることが出来て嬉しいです。鏡で見て、似合っているなと思いました。叔父さんがつけた背番号70。子どもの頃から叔父さんの活躍を見ていたけど、自分が高校生になって改めてプロの世界であれだけの結果を残していた凄さを感じました。でも、叔父さんよりも活躍できるように頑張りたい」と抱負を口にしました。

高校時代は主に野手でしたが、3年生になって春の練習期間中に「祖父に背中を押されて」と投手に本格的に挑戦。1、2カ月後には同じくプロに進んだ同級生らを相手に投げてぴしゃりと抑えるなど、最速は151キロのストレートを誇るまでになりました。

「もともとは大学に進んで、そこで投手としてしっかりやっていこうと思っていました。ドラフトで指名してもらえて驚きました。叔父さんにも連絡をしたら、ホークスに入れたことを喜んでくれていました。目標は千賀さんのようなストレートを投げること。ホークスはたくさんの凄い先輩方がいて、全員にいろいろなことを訊いてみたいけど、千賀さんにどんなトレーニングをしているのか、フォームで意識をしているところなども訊いてみたいです」

球団スカウトも「スケールの大きな素材」と期待を寄せて獲得したと話しています。日本を代表するエース級を目指し成長していく田上投手に期待大です。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる