2021/05/03(月)選手

【直前】また中軸も⁉甲斐選手、対戦打率5割超え

5月3日(月・祝)~5日(水・祝)ホークス×イーグルス PayPayドーム

ゴールデンウイーク9連戦は最後のカード。本拠地PayPayドームに戻ってきてのイーグルス3連戦となります。

今季の対戦成績は3勝0敗2分で無傷のカード。前回対戦は北九州、PayPayドームのホーム2連戦で2連勝しました。北九州市民球場でのゲームでは甲斐拓也選手が本塁打を放つなど自己最多5打点と大活躍。PayPayドームでの一戦も打線が10安打と活発で4-1と快勝。和田毅投手が2勝目を挙げました。

この対戦では甲斐選手が特に相性が良く16打数9安打で対戦打率.563をマークしています。ただいま打撃好調で2日(日)のバファローズ戦(京セラドーム)ではプロ初のクリーンナップ出場となる5番打者も任されました。

その他では中村晃選手が.350で4打点をマークして、ポイントゲッターになっています。栗原陵矢選手も.368、3打点とキーマンになりそうです。

味方打線の力強い援護を受けて、このイーグルス3連戦の初戦先発マウンドに上がるのは二保旭投手です。今季初の一軍登板になります。ウエスタン・リーグでは5試合に登板して2勝0敗、防御率1.80と安定した投球を続けてきました。直近登板だった4月25日(日)のバファローズ戦(タマスタ筑後)でも7回3安打無失点の好結果。ゴロを打たせるツーシームが元来の武器ですが、加えて今シーズンは直球も150キロをマークしており投球の幅が広がっています。倉野信次ファーム投手統括コーチも「ここ数年とは違う姿を見せてくれている」と太鼓判を押しており、この巡ってきたチャンスでの快投に期待大です。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる