2021/06/14(月)選手

【今週の見所】記念打で勢い!ギータ&バレに期待

3週間にわたって行われた「日本生命セ・パ交流戦」が終わり、リーグ戦が18日(金)から再開されます。最初のカードは本拠地PayPayドームでのファイターズ3連戦です。

対戦成績は6勝2敗1分で、対戦3連勝中です。投手陣が対戦防御率2.56。リリーフ陣の泉圭輔投手と津森宥紀投手がそれぞれ5試合投げて防御率0.00。岩嵜翔投手と嘉弥真新也投手も4試合ずつの登板で0.00と好投を見せています。

打撃陣では栗原陵矢選手が対戦打率.345、1本塁打、4打点を記録。さらに中村晃選手が対戦打率.310、1本塁打、5打点をマークしており、この2人が得点のキーマンとなりそうです。

また、先週の6試合では柳田悠岐選手が12日(土)のスワローズ戦(PayPayドーム)で通算200本塁打を達成。ちなみに本拠地PayPayドームでのちょうど100本目のホームランにもなりました。さらに13日(日)の同戦ではバレンティン選手が来日通算300号&1000本安打となる節目の本塁打を放ちました。

いずれの試合も見守った王貞治会長も、柳田選手については「彼の持っているものからすれば、随分と遅かったという感じがするけど、ここから300、400に向かってどんどん加速していけばいい。彼の肉体ならば10年はやれる。その気になって頑張ってほしいね」と熱いエールを送り、バレンティン選手へも「プレッシャーがあったと思うけど、見事自分で乗り越えた。彼のホームランでチームも元気が出ていた。この後につながってくる。これで気楽にやれるだろうから、彼の売りものの長打力をもっともっと発揮してほしいよね」と話しました。

両主砲のバットにはこれからも注目です。

今週の試合予定

  • 6月18日(金)ファイターズ(PayPayドーム)18:00
  • 6月19日(土)ファイターズ(PayPayドーム)14:00
  • 6月20日(日)ファイターズ(PayPayドーム)13:00

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる