2021/07/05(月)選手

津森投手、栗原選手が初!甲斐選手は3度目。オールスター出場へ

7月5日(月)、「マイナビオールスターゲーム2021」の監督選抜による出場選手が発表されました。

ホークスからは、津森宥紀投手、甲斐拓也選手、栗原陵矢選手が選出されました。

今年のオールスターゲームの第1戦が7月16日(金)にメットライフドーム(18:00開始)、第2戦が同17日(土)に楽天生命パーク(18:00開始)で行われます。

津森投手はプロ2年目で初の球宴出場となります。ここまでチーム2位の35試合に登板して1勝0敗9ホールド、防御率1.35と活躍を見せています。津森投手は「嬉しい気持ちと緊張感もあります」と初々しいコメント。「球界のトップの人たちと一緒にプレーできるのは嬉しい。力強いストレートを思い切って投げ込みたい」と意気込みを口にしました。過去の思い出に残るオールスターには「藤川投手(タイガース)の全球ストレート」と挙げ、「僕も真っ直ぐを見てもらいたい」とはにかみました。

甲斐選手は3回連続3度目の球宴出場となります。「普段戦っている相手のチームの選手と一緒に野球ができるのは楽しみ。色んな選手と話もしたい」と話しました。ホークスの正捕手としてここまで全80試合にスタメン出場し、打率.241、8本塁打、31打点の打撃成績を残し、「甲斐キャノン」では盗塁阻止率.328でリーグ2位を誇ります。「肩の部分でも、そういったチャンスがあれば、良いプレーをしたい」と意気込みを口にしました。また、共に監督選抜で選ばれた若鷹2人に向けて「楽しむことが一番。僕自身も楽しみたい」と言葉を送りました。

栗原選手は初の球宴出場です。「初めてなので分からないことばかり。とにかく自分らしさ。はつらつとしたプレーをしたいですし、ホームランを打てれば一番いいですけど、とにかく楽しみたい」と笑顔で話しました。今季はここまで80試合にフル出場して、打率.280、10本塁打、40打点の成績をマーク。勝負強い打撃でこのところは4番打者に座り続けています。対戦したい投手には元ホークスで現在タイガースの守護神のスアレス投手の名前を挙げました。「元チームメイトだし、バッテリーを組んだこともある。打ちたいです」と話し、他球団の話をしてみたい選手には「吉田正尚さん」と同郷の先輩の名前を挙げ、「フルスイングの中でも高い打率を残している。聞いてみたい」と話していました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる