2021/10/22(金)選手

工藤監督「希望はあります。奇跡は必ず起こる」

10月21日(木)をもって、2021年レギュラーシーズンの主催公式戦全日程を戦い終えました。

最終戦となったファイターズ戦は、長谷川勇也選手の現役ラストゲームでもありました。0対0で迎えた七回裏、1アウト二塁の場面に代打で長谷川選手が登場。「打撃一閃」の文字がホークスビジョンに浮かび上がり、大きな拍手に包まれる中で打席に入りました。

結果は一塁ゴロ。執念のヘッドスライディングも及ばずにアウトとなりましたが、その魂を引き継いだのが次打者の甲斐拓也選手でした。会心の一発が飛び出し、ここで先制の12号2ラン。甲斐選手も「あの長谷川さんの姿をみて、とにかく結果で答えたいと打席に入りました。本当に気持ちで打ったというのはこういう打席のことだと思います。長谷川さんの生き様、気迫、その気持ちが乗り移ったんじゃないかなと思います」と振り返る、劇的なホームランでした。

試合は2対2の引き分け。ただ、ホークスがビジターで戦う残り3試合を全勝し、3位にいるイーグルスが残り4戦を全敗すれば(うち直接対決が2試合)、ホークスの逆転でのクライマックスシリーズ進出が決まります。

試合終了後には、今シーズンここまでの熱い声援に感謝を込めたセレモニーが実施されました。

選手、首脳陣がグラウンドに整列すると、クラブホークス代表の少年ファンから「僕自身もホークスジュニアで野球をしています。前みたいに大好きな野球ができない日々が続いて、モヤモヤしている日々が続きました。でも、ホークスの試合を観て、いつも元気をもらい、選手たちの楽しくプレーする姿を見ると、僕もワクワクして、本当に野球が好きな気持ちが溢れてきて、僕も絶対プロになるんだ、ホークスで絶対プレーするんだと明るい気持ちになりました。来年こそはずっとドームで応援できることを願っています。選手の皆さん、いつも僕たちに熱いプレーで夢や希望を与えてくれてありがとうございます。これからも、ずっとソフトバンクホークス一筋です」との熱いメッセージを受けると、工藤公康監督もそれに応えるように挨拶をしました。

「今シーズンもコロナ禍の中でしたが、その中でもファンの皆様がたくさん球場に足を運んでくれたことに本当に嬉しく思いましたし、制限がある中でもホークスを応援していただき、本当にありがとうございました。我々は日本シリーズ5連覇を目指し、ここまで来ています。まだチャンスはあります。希望はあります。奇跡は必ず起こると信じて、残り3試合、ホークスらしい戦いをして勝って、奇跡を待ちたいと思います。ファンの皆さんも(残り試合を戦う)仙台、千葉の地に思いを届けて、我々に力を貸してください。絶対にあきらめないで、最後までしがみついてでも勝利をモノにして福岡に帰ってきたいと思います」と熱く口にしました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる