2021/11/24(水)選手

甲斐野投手vs栗原選手。シート打撃で対戦

11月24日(水) 宮崎秋季キャンプ第5クール2日目

宮崎秋季キャンプは残りわずか。

この日は今キャンプ最後のシート打撃が行われました。投手陣では笠谷俊介投手、杉山一樹投手、髙橋純平投手、甲斐野央投手、中村亮太投手、重田倫明投手が登板。直球のみという条件の中で投球を行いました。

笠谷投手は「その中でも空振りが取れたのはよかった」と振り返りました。笠谷投手は打者7人と対戦。3安打を浴びましたが、井上朋也選手や佐藤直樹選手から空振りを奪ったシーンもありました。「このキャンプでは球の回転を意識しています」ときれいな縦回転で、伸びのあるストレートを投げることにこだわってきました。その成果も発揮され、これから迎えるオフのトレーニング期間に向けても弾みをつけたようでした。

そして、甲斐野投手は、同級生の栗原陵矢選手との対戦で最速152キロをマークし、最後は150キロでバットを折っての投手ゴロに仕留めて嬉しい笑顔も浮かべていました。

「意識はしました。オリンピアですし、打たれたくない気持ちが出たのかなと思います。でも、バットを折ったのはたまたま。シュート回転で沈み、バットの先に当たったから。いい内容ではない。また対戦する機会があったら、もっといい投球をしたいです」

右肘痛から復帰した今季。収穫もありましたが、課題も感じたようで「投球フォームを見直して、元に戻すというか、少し長く持ったりして打者がタイミングを合わせづらい投げ方に取り組んでいます」と話し、それを披露するシート打撃登板にもなりました。打者7人と対戦して安打は1本のみ。結果も上々です。

また、藤本博史監督は「打者も直球だけと分かっている中なのでもう少し打ってほしかったけどね。その意味では50点かな。でも、投手にはその中で抑えてほしいと話していたから、そこは難しいところですよね」と苦笑い。その中でも2安打の海野隆司選手、ヒットを放った増田珠選手らの名前を挙げて「よかった」と頷いていました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる