2022/04/18(月)選手

鹿児島アンバサダーの松田選手、2安打と気を吐く

ファイト!九州デーin鹿児島 4月17日(日) ホークス4-14イーグルス 平和リース球場

鹿児島での「ホークス10連勝」はなりませんでした。
三回には中村晃選手の2点右二塁打で一時逆転に成功しましたが、先発の東浜巨投手が4回途中6失点で降板し、その後のリリーフ陣もイーグルス打線の勢いを止めることが出来ませんでした。それでも4番手の大関友久投手は2回パーフェクトと意地の投球を見せました。

また、ファイト!九州には各県アンバサダー選手がおり、鹿児島県は松田宣浩選手が務めています。その松田選手は鹿児島開催に滅法強く、この日は途中出場でしたが代打で左前打、さらに中前打と2打数2安打の活躍を見せました。鹿児島開催の通算成績は28打数14安打です。熱男パワーが、平和リース球場からも望むことのできる雄大な桜島のパワーと融合して、とてつもない力を生み出しているようです。

ただ、試合は10点差での敗戦となり、藤本博史監督は「ビッグイニングを作られた。こういう試合も143試合の中にはある。切り替えて」と切り出しましたが、2試合連続2桁安打を放った打線について「機能してきている」と評価。「(中村)晃も3番に入ってからボールを見れているし、ヒットも出ている。(この日2打数2安打の)グラシアルも楽になっているのでは」と前を向いていました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる