2022/06/09(木)選手

【筑後だより】ルーキー正木選手が上り調子!

ホークス二軍は6月8日(水)までに、ウエスタン・リーグで51試合を戦って27勝21敗3分、首位まで1ゲーム差のリーグ2位です。

5月20日(金)以降の14試合で10勝4敗と星を大きく伸ばしました。投手陣で特に目立っているのが岡本直也投手です。この間に3試合に登板して3勝0敗。5月29日(日)に熊本県八代市で行われた広島カープ戦には先発して5回3安打1失点と安定した投球を見せました。先発もリリーフもこなして防御率1.42の安定感。入団4年目の背番号133の育成左腕は、支配下登録入りへ猛烈にアピールを続けています。

打撃陣ではドラフト2位入団ルーキーの正木智也選手が好調です。現在5試合連続安打中。さらに、5月下旬には5試合中4試合で打点をマークする勝負強さも発揮するなど、右のスラッガー候補として順調に経験を積み重ねています。

また、一発の魅力でいえば5月29日のカープ戦ではリチャード選手が、6月4日(土)のオリックスバファローズ戦(紀三井寺)ではガルビス選手がそれぞれ満塁ホームランを放ちました。リチャード選手のアーチは八代球場のバックスクリーンに大きな音で直撃する特大の一発でした。ガルビス選手は好調が認められて、6月7日(火)より一軍へ昇格しています。

そして、三軍は約2週間の四国遠征に出かけ、四国アイランドリーグplusの各球団と交流戦を戦ってきました。6月14日(火)、15日(水)には阪神タイガースとの練習試合2連戦(いずれも鳴尾浜)も組まれており、NPB球団相手の腕試しに若鷹たちも気合が入っているようです。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる