2014/07/25(金)選手

川島選手、日高投手がファーム戦に出場

ホークスに移籍入団して間もない川島慶三選手と日高亮投手が、7月25日(金)にヤフオクドームで行われたウエスタン・リーグ公式戦のバファローズ戦に出場しました。

川島選手はこの日が移籍して2試合目の出場。前回に続き「2番サード」でスタメン出場し、打撃で猛アピールに成功しました。3回裏、無死二塁で回ってきた第2打席では右中間突破のタイムリー三塁打。さらに続く打席でもライト前ヒットを放つと、7回裏1死満塁で迎えた5打席目にもライト前へ運んで2点タイムリー。4打数3安打3打点1四球の大活躍でした。「右方向ばかりなのはたまたまです。(ヤフオクドームでのプレーだが)僕は一球も気を抜かないことを心がけてやっています。どこでやるのも一緒です」と話し、「やれと言われたことを淡々とできる選手でありたい」と経験十分な内野手らしく話しました。そして試合後、1軍登録が決まりました。

一方の日高投手は7回からの2イニングに登板。最初の回こそ2安打を許しましたが、7回2死から4者連続奪三振の好投もあり、無失点でこちらもアピールに成功しました。それでも「今日は緊張して腕が振れませんでした。直球のスピードが130キロ中盤。もう少し鍛えて140キロは出るようにしたい」とあくまで前を見据え、「まずは中継ぎでどんどん投げて1軍に上がれるようにしたい」と話しました。

また、試合はホークス打線が大爆発。3回裏に川島選手の三塁打のほかに、江川智晃選手のタイムリー二塁打や牧原大成選手、塚田正義選手も快音を響かせて一挙5点を先取すると、その後も江川選手、猪本健太郎選手のホームランなどで追加点を奪い12対1で圧勝しました。ホークス2軍はウエスタン・リーグの首位を快走しており、リーグ3連覇へ大きく近づいています。

2014年7月25日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる