2016/02/27(土)選手

【戦評】長谷川選手が決勝打! 逆転で3連勝

2月27日(土)、「2016球春みやざきベースボールゲームズ」でマリーンズに逆転勝利。これで対外試合3連勝とした。

2月27日(土)球春みやざきベースボールゲームズ 宮崎アイビー


2番手で好投したバンデンハーク投手


長谷川選手が勝ち越し2点タイムリー

試合結果
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
マリーンズ 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3
ホークス 0 1 2 0 0 0 5 0 × 8
※特別ルール
バッテリー(ホークスのみ)
ホークス 攝津、バンデンハーク、嘉弥真、バリオス、飯田、岡本――拓也、高谷
本塁打(ホークスのみ)
ホークス 内川、カニザレス
スタメン(ホークスのみ)

打順

ホークス

1

4川島

2

6今宮

3

D柳田

4

3内川

5

5松田

6

9中村晃

7

8江川

8

7塚田

9

2拓也

戦評

初回の3失点も何のその。序盤のうちに追いつき、2回以降は投手陣が踏ん張り、ラッキーセブンに一気の大量得点で試合を決めた。
2回に内川聖一選手の左翼場外アーチで反撃を開始すると、3回には今宮健太選手の左中間二塁打と内川選手の右前打で追いついた。先発の攝津正投手は2回、3回は3者凡退のピッチング。後続の投手も好投して、マリーンズ打線には計4安打しか許さなかった。
同点で迎えた7回、1死満塁から代打・長谷川勇也選手がセンター前にはじき返す2点タイムリーで勝ち越しに成功。なおも2死一、二塁で途中出場から4番に入ったカニザレス選手が左翼へ3ラン本塁打を放ちダメ押しした。

2016年2月27日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる